close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

エッジAIカメラ MOBOTIX 7シリーズ

進化した物体検出 MxAnalytics AI(Deep Learning技術を活用した画像解析)

コニカミノルタの画像IoT技術とMOBOTIXの画像解析機能が融合して更なる進化を遂げました。

コニカミノルタは、独自の”画像IoT技術”を強化しながら社会のDXを加速させるためのソリューション開発を進めてきました。
当社の長い歴史の中、各事業がそれぞれの強みとして育ててきた「画像技術」(光学デバイスや画像センシング技術)に最新のIoTやAIの技術を組合せることで、従来のモノ売りビジネスから、画像技術によるデータ活用に強みを持つサービスプロバイダーへの変革に挑戦しています。
 

車両出庫検知を実証中

独自の画像解析で車両を、車・バス・トラックとして判別する事が可能

mobotix7-About-settingupalogicM73
検証動画では(→)方向に動く車両を出庫と定義して、出庫した車両が何かを画面枠の通知色で表現しています。
今回は通知色を変えるというアクションで表現していますが、音声発報やメール通知・警告灯の鳴動やドアの開閉といった他機器への信号発信等のアクションをMOBOTIXだけのシンプルな構成で実現が可能です。
 
出庫する車両※1のみを検知して表示画面外枠に色で通知アクション※2をさせる。
※1 car/busと認識された物体が、画面左から右方向に移動する事を出庫と定義。
※2 音声・メール通知や接点信号・IP Notifyにより警告灯の鳴動やドアの開閉といった他機器と連携が可能。

 

進化した物体検出機能 MxAnalytics AIとは

ラベル付け(種別)した物体の侵入検知、通過人数のカウント、ヒートマップの作成を行います。
カメラのみで物体の動き・方向性を検知するMOBOTIX既存機能に加えて、Deep Learning技術を用いて物体をラベル付け(種別)をする事が可能になりました。
画像内でラベル付け(種別)が可能な物体は、人・一般車両・バス・トラック・バイク・船・動物等があります。
昼夜天候を問わずに誤検知が少ない事もMxAnalytics AIの特長です。
これによりラベル付け(種別)した物体毎に、MOBOTIXのエッジコンピューティング機能で様々なアクション※2に繋げて利用シーンを広げます。

これまで以上にお客様の「みたい」をかなえて業務効率化・省人化を支援します。
 

MOBOTIX認定AIアプリ

アイコン アプリ名称 機能名称 機能
MX-Analytics-AI.png

MxAnalytics AI

物体検知

人、乗り物、動物等の検出

アプリを活用して、このような使い方ができます

mobotix7-Application-Examples-Mx Analytics AI

カメラ内部にAIベースのアプリケーション搭載可能のエッジ機能を進化したカメラ

これまでもカメラだけで様々な検知からアクションを起こし、エッジデバイスとして活用されてきたMOBOTIX。
『M73』ではカメラ内部にAIをベースとしたアプリケーションを用途に応じて選択し搭載可能に!
これにより様々な業種における人の作業の手間を減らし、省人化・業務効率化を支援します。
今後はソフトウェア開発キット配布を予定しており、各AIベンダーがアプリケーションを開発し搭載できる体制を準備中。

 

イメージライブラリー

お問い合わせ

コニカミノルタ ジャパン株式会社

製品に関するご質問、見積依頼、検証機レンタルお申し込みなど、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください
"MOBOTIX社はコニカミノルタグループです。"