close

製品情報

おすすめ情報

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 情報機器用語集

close

導入事例

新着導入事例

close

サポート

よくあるご質問、OS対応状況、お問い合わせ窓口を掲載しています。

かんたんサポートナビ

かんたんサポートナビでは製品カテゴリからサポート情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

close

ダウンロード

各製品のドライバーやアップデートプログラム、関連ユーティリティー、ソフトウェアなどのダウンロードができます。

製品カテゴリからダウンロード情報を素早く、簡単にお探しいただけます。

  • プリンタードライバー
  • 関連ユーティリティー
  • ソフトウェア
  • カタログ(PDF形式)
  • ユーザーズガイド/取扱説明書(PDF形式)
  • お問い合わせ
  • OS対応状況

温度を”見える化”しデータ活用するソリューション

温度モニタリングアプリ

TMA(Temperature Monitoring App )

温度モニタリングアプリ TMA とは

MOBOTIXのサーマルカメラが提供する温度測定し、見える化する機能を更に実務で活用するためにコニカミノルタが開発した
アプリケーション。温度の連続測定データを保存してモニタリング管理することを目的としています。
サーマルカメラが遠隔からの範囲を非接触で表面温度を測定して見える化
TMAで測定温度データの履歴を残し時系列に追跡する事で、定常状態の把握が可能となり、閾値設定の支援が可能となります。
 

例えばこんな活用方法が期待できます!

1.設備機器の劣化や、故障の予兆を発見 

温度の履歴・分布・時系列変化を蓄積する事で、劣化や故障の予兆発見に繋げる。

2.材料や製品の品質を管理

加熱・冷却後の温度履歴・分布から傾向を分析して温度管理し品質の標準化に活かす。
 

3.温度異常による火災を予防

異常熱や発火危険温度を履歴から予測して設定温度を検知次第、通知し火災を予防する。
 

自社実践事例:設備機器の劣化や、故障の予兆を発見 

弊社工場内の熱交換器で当初予定していた補修箇所とは別に想定外の熱ムラを確認。
温度モニタリングにより、事故が起こる前に補修必要な箇所の発見に繋がった。

 

TMA

システム構成イメージ

システム構成
温度モニタリングアプリ TMA Ver.1.0の画面イメージ 温度モニタリングアプリ TMA Ver.1.0の画面イメージ

開発経緯

生産現場において、製品や設備稼働状態の監視自動化はデジタルマニュファクチャリングを進める上で必要不可欠です。今回、コニカミノルタは温度に着目して製品や設備稼働状態の監視自動化に寄与するためにTMAを開発しました。

コニカミノルタはこれからも顧客の“みたい”というニーズに応えるソリューションを提供することで将来的な社会課題の解決に貢献することを目指しています。

関連するコニカミノルタのテクノロジーレポート
KONICA MINOLTA TECHNOLOGY REPORT VOL. 17 (2020)
https://www.konicaminolta.jp/about/research/technology_report/2020/pdf/17_takeuchi.pdf


 

サーマルカメラを活用した非接触での発火予兆検知

火災予防カメラ概要のイメージ

火災予防ソリューション

物体温度を可視化するサーマルカメラで常時監視。発火前に異常熱を検知。高度経済成長時代に建設された多くの産業基盤施設の老朽化が起因する事故が社会問題になっている今、工場火災事故などを未然に防ぐための取り組みが重要となっています。サーマルカメラを利用した監視の場合、物体温度による面の監視により異常をいち早く検知し通知することで火災予防の対策に寄与します。
 

サーマルカメラ(赤外線カメラ)

サーマルカメラ(赤外線カメラ)
MOBOTIXのサーマルカメラ(赤外線カメラ)は、オールラウンドカメラのM16およびS16シリーズをベースにしており、高解像度の画像と優れた耐環境性能を誇ります。カメラが捉える映像の中で、定義された温度の標準範囲から逸脱した場合には、カメラがその変化を捉え、自動でメッセージを送信するなど、生命・ビジネスの環境を脅かす危険を早期に検出するのに非常に効果的です。
 

お問い合わせ

コニカミノルタ ジャパン株式会社

製品に関するご質問、見積依頼、検証機レンタルお申し込みなど、ぜひお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください
"MOBOTIX社はコニカミノルタグループです。"