TeamSiteの構築

サイト数やコンテンツ量の増加に伴い、コンプライアンスの遵守や、ブランド一貫性の担保といったガバナンスの担保が難しくなります。これらの課題に対し、CMSの導入よるコンテンツ管理の徹底はひとつの解決策といえます。

コニカミノルタでは、多くのグローバル企業が採用している大規模CMS「TeamSite」について、自社導入経験を活かした構築支援や運用保守サービスをご提供しています。

こんなことにお困りではありませんか?

・ガバナンスやブランディングの観点でコンテンツ管理が徹底できていない

・複数のサイト(事業サイト、グループ企業サイト、ブランドサイト)があり、ページ数が膨大で管理者も複数人いるため、運営ルールが適用できない

・配信や更新履歴を管理できておらず、承認ワークフローもないため属人的になっている

サービス概要

TeamSiteとは

TeamSiteとは、OpenText社が提供する大規模サイト向けのCMSです。多くのグローバル企業が採用しており、数万ページもの膨大なコンテンツを管理するための機能を複数有しています。

 

TeamSiteの5つの優位性

1.形式を選ばずにファイルを投入できる

一般的な動的CMSは、データベース型を採用しています。そのため、CMSを導入する場合には、ファイル形式の変換を含めて既存のコンテンツをCMSに合わせて調整する必要があります。このような事情から、CMSの導入やリプレイスに尻込みしている企業も多いのではないでしょうか?

また、ファイル形式を選ばないため、ほかのCMSからのリプレイス時にはディレクトリごとコピーする形で、現サイトをそのまま移行させることも可能です。そのため、移行した新サイトを稼働させておきつつ、必要に応じてテンプレート対応していくといったスムーズな移行を実現できます。

2.同時に大量のファイルを配信したとしてもファイルの欠如や不整合が発生しない

TeamSiteは、Webサーバ側にエージェントアプリ(OpenDeploy Receiver)を配置できます。そのため、CMSサーバ(TeamSite)からWebサーバへHTMLなどのコンテンツを確実に配信することが可能です。

大規模サイトであれば、複数のWebサーバへ同時にコンテンツを配信する必要がありますが、TeamSiteではエージェントアプリが配信を制御するため、同時に大量のファイルを配信したとしてもファイルの欠如や不整合が発生することはありません。毎日数十件の更新を配信しているサイトや厳密な時限設定配信が求められるサイトには最適な機能です。

3.外部リソースによる制作物を一元管理できる

Webサイトの運用が当たり前となった今日では、コンテンツ量が乗数的に増加しています。そんななか、制作会社や広告代理店といった外部リソースにWebサイト制作を依頼することも一般化しました。場合によっては、同一企業であっても商材やキャンペーンごとに、異なる広告代理店に制作を依頼することも少なくありません。

そうすることで、コンテンツ量の肥大化にともない管理が煩雑となり、CMSで管理しているコンテンツと直接公開をしているコンテンツが混在してしまっているという状況が生まれやすくなりました。当然、CMSの管理下にないコンテンツが多くなることは、さらなる管理の煩雑化と不徹底を招くため避けるべきです。

そんな時、ファイル形式を選ばないTeamSiteであれば、まさにひとつの集約基盤として外部リソースの制作したコンテンツをそのまま投入して一元的に管理することができます。

4.承認ワークフローを柔軟に構築できる

CMSによっては、承認ワークフロー機能をカスタマイズできない可能性もあります。しかし、TeamSiteであればそのような心配はありません。

お客様の業務フローに合わせて承認ワークフローを構築することが可能です。組織構造や各担当者の役割と権限を整理したうえで、複数段階承認、分岐承認、代理承認、差し戻しなどの必要な機能を組み合わせてワークフローを構築できます。

また、承認履歴を残すことができるため、レギュレーションやコンテンツオーナーのクリエイティブチェックに適合したものだけを公開できます。そのため、コンプライアンスの遵守やブランド一貫性の担保も徹底できます。

5.用途に合ったモジュールを追加して利便性を向上できる

デフォルトの状態で自社のニーズに完全にマッチした機能を網羅的に搭載したCMS製品と出会うことのできる可能性は、高くありません。そのため、通常は追加機能を開発する必要が生じます。TeamSiteは、アプリケーション開発の言語として普及しているPerlベースのCMSです。また、APIが公開されているため用途に合わせてモジュールを追加することで機能を拡張することができます。

そして、導入実績豊富なコニカミノルタなら利便性向上につながる様々なモジュールをご提供することが可能です。

期待される効果

1.グループ企業全体でのWebガバナンスルールの徹底

2.大量コンテンツの一元管理(配信、更新履歴、承認フロー)

3.Webサイト運営業務の効率化

サービスの特長

豊富な支援実績

コニカミノルタは、2003年のコニカとミノルタの統合を契機として、グローバルでのWebガバナンスを運営を実現するためのシステムとしてTeamSiteを導入しました。以降、約15年に渡り金融企業様・電機メーカー様などをはじめとして多くのお客様にCMSを導入してきた実績があります。

  <コニカミノルタのTeamSite支援実績>

    開発導入:10社

    保守・追加開発 :16社

    ※内6社のお客様は他社ベンダーから導入したTeamSiteの保守をコニカミノルタに切り替え

 

要件に応じたオプション機能を多数開発

自社及びお客様への開発導入を通じて、TeamSiteを一層活用するためのオプション機能を多数開発してます。TeamSiteを熟知しているからこそ、最小の投資で最大の効果発揮するオプション機能をご提供できます。

<コニカミノルタ独自オプション機能 例>

オプション機能名 標準価格(税別)
ナビゲーション管理機能

サイト構造を管理するための機能。

当該機能に登録された情報を元に、パンくずやローカルナビゲーションを自動的に作成することが可能。

コンテンツ一括生成機能 ナビゲーション階層を元にテンプレートより作成されているコンテンツの再生成を実行する機能。
サイトマップ生成機能 登録されているナビゲーションデータを元にサイトマップhtml及びGoogle検索用のsitemap.xmlを自動で作成する機能。
リンクチェック機能 選択したディレクトリ配下のコンテンツ内に記述されているリンク先ページの存在有無をチェックする機能。
公開キャンセル機能 ワークフローにてOpenDeployに登録された配信スケジュールに対して、キャンセル又はスケジュール変更できる機能。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-9161


[受付時間]

月曜~金曜 9:00~12:00/13:00~17:00
(土・日・祝祭日および年末年始・弊社休業日を除く)