製品DB(PIM)の構築

製品に関するコンテンツを複数のメディア(Webサイト・カタログ冊子・販売店/代理店向けコンテンツ・サイネージ等)に掲載する際、製品情報を集約するデータベースを構築することで、更新の正確性や効率化を図ることが出来ます。

こんなことでお困りではありませんか?

・製品情報の追加や更新の反映箇所が多岐に渡り、煩雑になっている

・製品マスターは存在するが、Webサイトやカタログの制作データと連携出来ていない

サービス概要

製品情報DB(PIM)とは、製品に関わる情報(仕様・スペック情報等)を一元管理し、複数のメディアで利用可能とする情報管理の手法またはシステムです。

 ※PIM=Product Information Management

複数のメディアに同様のコンテンツを配信する上で、更新や確認をそれぞれ手作業で行うことは、膨大な労力もコストがかかります。これを製品情報DBを構築することで、追加や更新を一括して行うことが出来ます。これにより、メディア間で掲載されている情報が異なる、といったリスク対策にもなります。

コニカミノルタでは、製品情報を一元管理する基盤の設計・構築から、各メディアへの展開に関する仕組みをご提案します。

サービスの特長

コニカミノルタでは、お客様の利用目的に応じて、RDBMSとNoSQLを組み合わせて、製品情報DBの構築をご支援します。

また、製品情報DBの構築だけではなく、CMSとの連携や組版システムとの連携も含めた対応が可能です。

製品情報DB活用シーン

海外の複数サイトへ同時に掲載したい

製品情報が少ない場合でも、掲載先のWebサイトが多い場合には、製品DBは有効です。特に海外に複数サイトが存在する企業では、大きな効果が見込まれます。

Webサイトとカタログを効率よく更新したい

製品情報DBの設計においては、利用したいメディア毎にデータの出力方式やシステム間連携を検討します。コニカミノルタではCMSと連携したWebサイトへの配信や、製品カタログ(DTP)用データの生成に関する実績があります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6311-9161


[受付時間]

月曜~金曜 9:00~12:00/13:00~17:00
(土・日・祝祭日および年末年始・弊社休業日を除く)